アレルギー症状と決別する病院ガイド│春まで待てない花粉症対策

医者

眼精疲労に気をつけよう

現代人は目が疲れやすい。

目が辛そうな男性

今まで眼精疲労と言うと、夜中暗いところで本を読んで翌日に辛いなどであった。 しかし現代ではこれも少し変わってきている。 寝る前にスマートフォンを見ていてそれで翌日に眼精疲労を訴えるケースなどに増えた。 それに仕事でも遊びでもパソコンやテレビなど液晶画面を眺める時間が昔より増えてきた。なので眼精疲労にもなりやすい。 緑のあるところを眺めると良いや、遠くを眺めると良い、眼精疲労には肩こりも関わってきているなどと言われてきた。 しかし、眼精疲労はパソコンやスマートフォンを利用する現代人にとって切っては切れない現代病になりつつある。 今は大人だけでなく子どもにもゲームなどをするため眼精疲労を訴える子が増えたらしい。やはり現代病だ。

眼精疲労対策について。

パソコンやスマートフォンを利用する際に悪影響となるのが、 液晶画面から放たれるブルーライトである。 これをブロックするパソコン眼鏡というものがいろいろなメーカーから発売され、オフィスでかけている人も増えた。 薬局では目に当てる温熱シートも売られれており、帰宅してそれが楽しみだと言っている友人も居る。 眼精疲労は現代人にとって避けては通れない。 なので、こうやって対策をしていくしかない。 今からパソコンやスマートフォンのない生活に戻ることは不可能である。 だから、どうやってその生活でも目に優しいことをするか、目を大切にするかを自分で考えることが大切になってきた。 パソコン眼鏡などは安いものでは100円均一などでもあるので、試しやすいのではないだろうか。